ドッグフードの論争に終止符!?本音のおすすめランキング


犬と人の信頼関係

ワンコの主食である「ドッグフード」。

今更ながら、毎日決まった時間にあげるカリカリ。

もはや日々流れの一部ですよね。

 

そんな当たり前の事、つまり疑いもせず日々日常的にワンコの食事として与えているドッグフード。

しかし、昨今市販のドッグフードは危険であるという問題提起が後を絶たない状況ですよね。

 

何故こんな論争が激化しているのでしょうか。

そして、ワンコに良い安全なドッグフードとは何なのでしょうか。

安全且つ本当のおすすめドッグフードとは、どう言ったものなのでしょうか。

 

 

ドッグフードの知識を持ち、自分で選択する事が重要

 

ドッグフードアップ

まず、一言にドッグフードと言ってもこれだけ多くの種類が出ていると判断出来ないですよね。

人の食べ物は親や先代から受け継がれますし、最低限の知識を得る機会がありますね。

ただし、ワンコの食について学ぶ機会は普通ありませんよね。

 

そうです、自らが学ばなければ知識を得る事は出来ません。

しかも、ドッグフードが進化して犬は長生きになった、なんていう根拠の薄い定説が常識とかしていますから尚更考え直す機会が少ないわけです。

 

私自身も愛犬が老犬になっていく過程でワンコの健康事情をきっかけに調べ始めた側の人間だからよくわかります。

そういった方が愛犬のドッグフードを見直すきっかけの参考になればと思い、厳選した情報をまとめてみました。

 

ドッグフードが危険と言われる理由と安全なドッグフードの選び方

dog-188273_640

ワンコの病気の原因はドッグフード!?

な〜んて本や記事をよく目にしませんか。

 

どう言った角度からこの問題を知っても事実は大体同じです。

主に以下がその理由です。

 

  • ペットブームの煽りからあらゆる企業が業界に参入してきた。
  • ドッグフードを取り締まる法律が緩い為、真実が表示されない。
  • 利益追求の為、人間が口にする品質に達しない粗悪な素材を使われている。

 

こんな所でしょう。

一体どういう事なんでしょうか。

 

まず、ペットブームにより、ドッグフードのマーケット自体が膨らんだわけですね。

ですから、ドッグフードの製造を生業にしてきた企業以外に、大手食品企業が参入し、業界の競争が激化しました。

 

当然コストを抑えて利益を上げようとすると、素材の調達コストを抑える必要があります。

それを大量に生産する事でさらに原価を抑える事が出来ますね。

 

さらに、法律規制が非常に緩いです。

食に関しては世界最高峰とも誇れる日本も、動物愛護の観点では外国に大きく遅れを取っています。

要は素材が不透明なわけです。

 

ドッグフードの素材

 

ですから、安全より美味しそうな「◯◯風味」とか「◯◯エキス」なんて記載で飼い主が「これなら愛犬が喜ぶのではないか」と思うような表示がメインになっているのです。

 

しかし、こう言った競争の次に差別化を図る必要が出てきました。

ここで初めて「安全なドッグフード」というキーワードが出てくるわけですね。

無添加じゃないのに、無添加とは記載出来ませんから、人間のイメージにある「国産」、「日本産」は安全というイメージを活用したわけです。

「日本産ドッグフード」といった表示ですね。

ただし、表示に関する法律が整備されていないわけですから、どこで仕入れた素材であっても、日本の工場でパッケージすれば「国産ドッグフード」になるわけです。

 

また、素材を切り身にして素材を活用するのではなく、骨も含め素材ごと粉砕し丸めたもの、つまり畜肉副産物も「◯◯ミール」というよく分からない表現になるわけですね。

要は人間の食事として流通する価値を失った素材を活用し、コストを抑えます。

 

表面からではこれらを知るのはまず無理です。

しかし、愛犬家がこの事実を知って黙っておけるわけないですよね。

そういった方々が真実を情報として発信し、こう言った事実が公となったのが現在のドッグフードにおける背景なんです。

 

ただし、私の結論としては、過剰にこれらにフォーカスするのは、事実をリアルに受け止める為であって、全てが悪い事ではありません。

人間用の食品にも驚くほど低価格なものがありますが、知ると怖い工程を経ている食品だって多く存在します。

 

事実、安全なドッグフードは市販にも多く存在しているのですから。

 

 

安全安心なドッグフード、おすすめランキング

rank1@2x

カナガンドッグフード

カナガン

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、 チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビ タミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン 700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ

 

良質な放し飼いチキンを主原料としています。

グレインフリー(穀物不使用)で消化にも優しいフードです。

また、原材料の含有量までもが明記されており、酸化防止剤も天然由来のものだけ。

さらにワンコの主たる栄養素となる「たんぱく質」が33%と非常に高く、穀物による過度なかさ増しとは無縁のフードですね^ ^

育ち盛りから老犬まで幅広くカバー出来る中心的な位置づけの万能フードと言えるでしょう。
rank2@2x

2位 ネルソンズ

ネルソンズ

乾燥チキン(26%)、チキン生肉(20%)、サツマイモ、ジャガイモ、豆、鶏油、バターナッツスカッシュ(4%)、チキングレービー、サーモンオイル、 豆繊維、ミネラル、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、海藻パウダー、グルコサミン、クランベリーエキス、コンドロイチン、ニンジン、グリーンピース、 カボチャ、リンゴ、ナシ、ブロッコリー、パースニップ、ペパーミント、パセリ、フェンネル、マリーゴールド、ショウガ、グレープシード

 

こちらも放し飼いチキンが主原料のドッグフードです。

穀物を消化する酵素を持たない犬にとって嬉しいグレイングリー(穀物不使用)です。たんぱく質も30%と優良です。

配合されているオリゴ糖には、腸内環境を整えてくれる効果があります。

また、グルコサミン、コンドロイチンは関節サポートの効果が期待できます。

7歳〜のワンコにおすすめ出来るフードという位置付けですね。
rank3@2x

3位 NDFナチュラルドッグフード

NDFナチュラルドッグフードPKG

生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母

 

こちらはラム肉が主原料のドッグフードです。

亜麻仁油を使用している事から、体内でつくる事が出来ない、オメガ3・6脂肪酸が含まれており、非常に良質且つバランスの良い脂肪分に仕上がっています。

何よりこのシンプルな原材料。

老犬に絶対的おすすめフードです。

ラム肉を主としている為、アレルギーに悩むワンちゃんにもおすすめです。

 

 

個人的に動物愛護の観点から、ヨーロッパのフードに着目しています。

実は今回のトップ3、どれもイギリスでは人気絶大のフードなんです。

ヨーロッパの厳しい基準をクリアしたプレミアムドッグフード群。

その中から同輸入業者が厳選してセレクトした商品ばかりです。

 

自社でコールセンターの運営しており、サポートも万全です。

さらに品質管理の為、直販やカスタマイズ可能な定期コースを配備しており、愛犬家には非常に心強いサポート体制になっています。